良いカジュアル、悪いカジュアル
ホーム > 仕事 > 帰化申請 費用

帰化申請 費用

帰化申請 費用のことが、やはり最近は気になって来ましたので、今日は、帰化申請の費用
について、記してみたいと思います。
日本の入管行政や帰化申請を執り行う法務局などは、ほとんど、外国人から
費用を徴収しないのが原則です。定住者ビザが下りた際に、4000円かかるとか、
就労資格証明を取った際に、650円かかるとか、その程度のものですよね。
帰化にいたっては、完全無料なのです。ただ、諸外国、例えば、中国や米国などは、
ビザ申請の際に、申請者から手数料を徴収します。そのことを考えれば、日本の行政が、
日本人からだけでなく、外国人からもあまり費用を徴収しないのは、比較法的に
みても珍しいことなのですよね。
帰化申請 費用については、行政書士事務所に依頼するともちろんその分のお金が
かかりますが、その料金も、20万程度要求するところも一般的ですので、
色々調べてなるべくコスト・パフォーマンスの良い事務所に依頼したいと思っています。
帰化申請 費用といっても、通常は都会に事務所を構えている行政書士事務所が多いわけですから、そうそう安い金額で引き受けるわけには行かない反面、このネットの時代に、いつまでも
高額の料金を課すわけにもいかず、プライスマネジメント、プライス戦略が、行政書士事務所のような
専門職にも要求されている一例といえましょうね。